黒ずみの原因

尻が黒ずんでいしまう主な要因

実は、女性の多くが悩まされていることとして、お尻の黒ずみがあります。お尻は人から見られる場所ではないですが、黒ずんでいると良い気分ではありません。 そもそもお尻が黒ずみ理由は、メラニン色素が沈着するからです。メラニン色素は、主に下着がお尻を圧迫し続けることで分泌されます。昨今では、若い女性の多くが締め付けのきつい下着を身につけています。メラニンは、これらの刺激から肌を守る為に自然に分泌されていきます。このため、お尻の皮膚に色素沈着が起きて、肌がくすんだり黒ずみが起きます。 その他の黒ずみの原因は、ホルモンバランスの乱れです。生理不順、ストレスなどでホルモンバランスが乱れると、肌のターンオーバー自体が崩れていきます。そのため、古い肌が取り除かれずに、色素沈着の原因となります。

お尻の黒ずみを解消するためには、美白効果のある外用薬を適宜、塗ることが有効です。外用薬として美白効果のある成分には、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体などの成分が挙げられます。特にハイドロキノンには、メラニン生成に不可欠なチロシナーゼの働きを抑える働きがあります。なので、皮膚に塗るだけで、スムーズに黒ずみを解消できます。 また、ビタミンC誘導体についても美白効果が高いと有名です。ビタミンCは、その他にも肌内のコラーゲンの生成を促進する作用もあります。なので、お尻の皮膚に塗るだけで、ハリのある若々しい肌を取り戻すことができます。 外用薬は、お風呂上りの清潔な時に塗布することで高い効果を得ることができます。